ホーム>スタッフブログ>Concert Report 演奏会レポート>伊東朔のライブ演奏は大変ご好評をいただきました
Concert Report 演奏会レポート

伊東朔のライブ演奏は大変ご好評をいただきました

多くの方々を前にしての弾き歌いに挑戦した伊東朔は、「楽しかった」と感想を言うだけのことはあり、なかなか堂々とした演奏でした。

心配していた歌声もしっかりしていたように聴こえました。

そのためか、最後列にいた私(伊東玲)のところに、まったく見知らぬ方々から、

「本人が作詞作曲しただけでもすごいのに、さらに立派な演奏でした」とか

「最初は見えなかったので青年が演奏しているかと思って、のぞいてみたら小さい少年だったのでとても驚いた」などなど

進行中に私が父だということが知れたために、わざわざご感想をお伝えくださった方がたくさんいました。

とてもありがたいことでした。

伊東朔の演奏が始まったときに、会場がさっと静まり返ったあの瞬間は、久しぶりの快感と緊張感を私は味わいました。

久しぶりの快感と緊張感というのは、楠小の吹奏楽部や養正小の金管バンドのアンサンブルの特に優れたチームが演奏を始めたときに、会場内で感じたものと同じものです。

一定水準を超えた音楽演奏は、理屈抜きでそこにいる人たち全員に聴く態度をもたらせるものだと、あらためて教えられた気持ちです。

 

ページ上部へ