ホーム>スタッフブログ>Concert Report 演奏会レポート

Concert Report 演奏会レポート

伊東朔 令和最初の演奏会 旧明村役場庁舎

10連休の後半の土曜日に旧明村役場庁舎で演奏させていただきました。

これが伊東朔の令和の最初の演奏会となりました。

最初に演奏したのは「令和」という新元号が発表された瞬間に作曲したものでした。

伊東朔作曲「令和」→参考映像

それほど宣伝もできていなかったのに、午前も午後もお聴きくださる方がいて感謝します。

演奏会が終わった後、お世話になっている古市さんの奥様から、お茶の作法を教わりました。

一番末の妹が熱心に学んでいました。

いつもありがとうございます。

 

伊東朔 津市芸濃町「長徳寺」でのライブ 芸濃町の観光など

4月14日にちょうど「龍王桜」が満開になっていた長徳寺(芸濃町雲林院107)で、伊東朔によるキーボードのライブ演奏をさせていただきました。いつもお世話になっている芸濃町の観光ガイドの古市さんのご紹介で実現したもので、当日はあいにくの小雨でしたが、津市芸濃総合支所地域振興課によって「ふるさと新聞」(4月11日号)で紹介していただいたこともあってか、本堂内で聞いていただいた方は「60人を超えていた」(古市さん)とのことでした。お越しいただいた方々、そしてとてもよくしていただいた住職さん、ありがとうございます。

ちなみに長徳寺の住職さんは、たまたま津市立橋北中学校の校歌を最近耳にする機会があったそうで、「とてもいい曲だと思ったら伊東朔君のお爺さんが作曲していたことに気づいて驚いた」と声をかけていただきました。さらについでの話ですが、ルタンリッシュコンセールにピアノを習いに来ている津市立西橋内中学校に進学した子が、「中学校の応援歌の作曲者に伊東功とあってうれしかった」と言ってくれたのも、うれしいことでした。どちらも若い伊東功が教員として在職していたときに作曲したものです。

長徳寺での伊東朔の演奏は、「龍王桜」を見ながらの即興曲、幼いころから今までに作曲してきた曲、クラシック曲、流行歌に交えて、多くのリクエストもいただきました。一部、知らない曲や不得意な曲もあって応えられずに失礼しましたが、以前にリクエストいただいて演奏できなかったタレガ作曲の「アルハンブラ宮殿の思い出」を演奏しましたら、リクエストいただいた方がお越しいただいていて、大変喜んでいただきました。「初めて聴いたけどとてもいい曲ですね」という声もいただきました。

伊東朔はリクエストいただいたのに、当日に演奏できないと大変悔しい思いをするようで、旧明村役場庁舎でのコンサートのときなどに、以前にリクエストしていただいた方のお顔があるのを見ると、予定していなくても演奏することがしばしばあります。

さて、芸濃町観光ガイドの古市さんは、伊東朔が昨年のお正月に河芸の道の駅で雪の降るなか野外ライブをしていた姿を心にとめていただき、初秋の旧明村役場庁舎が復元落成のときの記念演奏に声をかけていただいた方でした。そこから旧明村役場庁舎での月1回のコンサートが始まり、今年の2月11日には芸濃町社会福祉協議会主催の講演会にもお招きいただいたのですが、古市さんはかねてより芸濃町の観光案内を伊東朔にしたかったようでした。

3月24日の旧明村役場庁舎でのコンサートのお昼休憩のときに、石山観音のミニガイドをしていただきました。その直後の午後の演奏の最初は、石山観音の印象による即興演奏から始まりました。その即興演奏は、いろんな場面で何度も即興演奏を聴いている者にも、いかにも今さっき見てきた風景とそこで感じていた空気の質感が再現されたようで、山となっている大きな石と大小の仏様たち、それらを包むように生きる植物たち、そしてその葉をゆらして空に帰る無数の風を音で描写したように思われました。後日、作曲のきっかけとなるものは自然の風景や動植物で、演奏で心掛けるのは聴いていただく方と空気を共有することだというようなことを伊東朔が言うのを聞いて、これまでの演奏や作曲作品の軸となって来たものが初めて納得されるようでした。だから伊東朔の音楽はお客様のいる本番の生演奏がよいことが多いことも納得できました。

「石山観音の33体を全部見るなら2時間はかかりますが、いかがですか」と古市さんに誘われて、3月29日に観光のためだけに芸濃町を初めて訪れました。古いものは鎌倉時代になり、大きなものは4メートルにもなるという摩崖仏や、いつの時代にか持ち込まれたお地蔵様などのほとんど一つひとつを説明していただき、ここには芸濃地域の文化や産業の歴史がつまっていると感じました。それにしても古市さんが、石山観音と地元の人々との古くからのかかわり方まで具体的にお話しいただくのには、感動すら覚えたほどです。ゆっくりと一周して下山したところでは、古市さんの奥様から和菓子と抹茶のご接待までしていただき、大変恐縮いたしました。伊東朔は、芸濃町との関係ができてから、茶道にも関心を持ち始めていたので、とても喜んでいました。

 

 

 

 

伊東朔 新春ライブ ご好評をいただいています

あけましておめでとうございます。

新年早々の2日と3日は道の駅「津かわげ」様で、4日にはケアハウス「花紬」様で、伊東朔の新春ライブをさせていただきました。

道の駅「津かわげ」様ではスタッフのみなさまの温かいお心遣いもいただき、冷たい風や粉雪も舞い散るなかの野外ライブでしたが、耳を傾けてくださる方も多く、ありがたいと思いました。

ケアハウス「花紬」様でもたくさんの方々に演奏を聴いていただきました。リクエストいただいた曲やご一緒に歌っていただいた曲も楽しんでいただけてとてもよかったです。

詳しい様子はまとめてからお知らせいたします。

伊東朔が自分で司会進行しながら演奏するのは、まだまだ不慣れなところもありますが、今後はそのようなことも含めてよりよいものをご提供できるようにしたいと考えますので、演奏の機会をいただければ幸いです。

15日の音楽配信と土日のライブ演奏

15日に予定しておりました伊東朔の演奏のライブ配信は、ライブ配信についての勉強不足のために準備が間に合わず延期となりました。

お楽しみにしていただいた方々には大変申し訳ないことと思います。今後、万全の準備をして演奏会やライブ配信をしたいと思います。

18日と19日の土日は、お知らせするのが遅くなりましたが、伊東朔のキーボードによる演奏を持つ機会がありました。

大門商店街マルシェでは、店を出している方のお手伝いをしに行ったところ、主催者の人から声をかけていただき、急きょ、キーボードを運んでライブ演奏をさせていただきました。その様子の一部をYouTubeに上げさせていただきました。画面ではほとんど人が映っていませんが、横や後ろで聴いていただいた方々には温かい拍手をいただいたそうです。

久居カクタスクラブは、以前から友人に誘われて定例会に参加させていただいています。今回は、テレビ出演のあとということもあって、会の最後に伊東朔が演奏する時間を作っていただきました。聴いてくださった方々から「これからもっと活躍してほしい」というありがたいお言葉をいただきました。

そのあと、ルタンリッシュ音楽ホール津の駐車場で屋外演奏をしました。今回は足を止めてくださる方は少なかったですが、聴いていただく人を意識しながら演奏するのは、やはり音楽の本来の姿として、伊東朔は楽しめたようです。

ライブ演奏のときは、伊東朔の作品や名曲を演奏したCDを紹介しています。ご興味のある方は、演奏している伊東朔を見かけたら声をかけていただくと幸いです。

伊東朔の音楽演奏関係の映像はYouTubeで見ていただくことができます。 → kumiusiccamp.

 

伊東朔の「天才キッズ全員集合」出演で学んだことなど

直接にしばらくの時を過ごさせていただいた中丸雄一さんの和やかながら要点をしぼった取材と、番組制作のスタッフの方々の熱意と細心の配慮には本当に感謝をしています。

番組のなかでは、私の父である伊東朔から見て祖父のことや私のことにも触れていただきました。完全な隔世遺伝で、音楽についての伊東朔の才能は、戦中から音楽を好み戦後直後から音楽教育や音楽文化の普及に尽力した祖父の音楽的な力を受け継いだものだと私は受け止めています。

私も、たくさんの子どもや人たちといっしょに音楽活動をしてきました。素晴らしい子どもや大人の方々がたくさんいます。そういうなかで、伊東朔が生まれて音楽を始めてから、彼の発想や感性に驚かされて圧倒されるような日々を送っています。たとえば絶対音感は、両親ともになく、伊東朔が自然に身に着けていたものです。

作曲や編曲に関しても同様です。祖父は残念ながら伊東朔が生まれて間もなく亡くなりました。私も演奏活動が中心でそのための編曲はたくさんしてきていますが、作曲にじっくり取り組む時間までは持てませんでした。

そういうこともあって、伊東朔の作曲は、本人が自主的に始めたもので、聴いた曲を自分なりに編曲して楽しむのも、本人の遊び心から生まれたものです。私は、クラシックに限らずいろんな作曲作品にできるだけ触れさせるようにしたぐらいです。作曲の先生にも伊東朔はついていましたが、本人の自主性や自発性を尊重されて、自由に作曲を楽しめるような指導方針でいらっしゃいました。

今回の「天才キッズ」の番組から与えられたテーマによる編曲も、全部、伊東朔本人がやっています。私はときおり聴いたものへの感想を述べていただけです。それでも、暖かくて優しい音楽の好きな伊東朔の本来の目指すものをいくらかジャマしてしまったような気もしています。

ただし、編曲や作曲で多くの方々に楽しんでいただくためには、注文されることに対応する力も必要だと思いますので、「こうだったらいいかも知れない」というようなことは遠慮しないで言うようにしています。答えはいつも伊東朔自身が出します。

本心を言えば、私自身は、伊東朔が作曲や編曲したものをそのまま聴いているときが一番楽しいし、私はよいと思うのです。けれども、他の人が聴いたらどう思うだろうか、というようなことを考えてしまうと、あれこれと思ってしまいます。

テレビという不特定多数の方々に聴いていただく機会を得て、ほんの一部だとは思いますが、ご感想をいただいたり目にしたりさせていただいています。伊東朔本来のものの方がよかったのかな、とか、やはり変化をつけてよかったのかな、とか、いろいろと思います。

編曲や作曲をして、それを自分で演奏するとなると、伊東朔もいろいろと考えところもあるようです。それはそれで、音楽は自作自演が基本だと思いますので、これからもどしどしとやってもらいたいと考えています。

伊東朔は、まだまだこれから自分の世界を広げるだろうと思います。その一方で、ご注文に合わせた編曲や作曲もたくさん経験したいと考えているようです。

作曲や編曲を、ルタンリッシュコンセールにご依頼いただくときに、特にご要望がございましたら、「伊東朔のもの」などと指定くださいますとそのようにいたします。通常は親子やスタッフと相談しながら、ご依頼に応じています。

久保田信先生の「世界の動物40門」シリーズ5に取り上げていただいた曲目は、作詞は久保田信先生ご本人ですが、それ以外の、作曲、編曲、演奏はすべて伊東朔が一人でやっています。オーケストレーションも最初に聴いたときに驚いた私は、何も言うことがありませんでした。

幼い頃から作曲をしている伊東朔は、ずっと、「どうせ親や家族が手伝っているのだろう」というようなことを言われてきています。私や祖父がまったく音楽活動とは無縁だったらそんなことを言われないのに、といつもかわいそうに思います。

今回のテレビ番組のための編曲は、伊東朔は楽しみながらも、傍目で見ていても本当に大変がんばっていて、何度も考え込んでいました。「対決」なので、余計にいろんなことを考えすぎたのかも知れません。でもそれも貴重な経験です。

長くなりましたが、そんな伊東朔が中丸雄一と過ごした時間に、中丸さんの易しさにうまく導かれて彼の本来の姿を素直に出していたのがとても印象的でした。中丸さんの飾らないお人柄が、伊東朔に素直に音楽することの喜びを引き出してくださったことにあらためて感謝いたします。

あれこれと書きましたが、良い経験をさせていただいた伊東朔と、ついでに私、に、編曲や作曲のご依頼をいただければ幸いです。今回のテレビの経験は、私たちをさらに、しなやかな音楽制作への道を拓いていただいたと思っています。

 

伊東朔のオリジナルミニライブと初「ピアノソナタ」の作曲など

ほとんど「身内」の演奏会になっていますが、以前のように「音楽ホール」の活動も再会させたいと考えて、伊東朔がキーボードで自作やクラシックの名曲、そのときに思いついたアレンジや即興音楽の演奏をしています。

伊東朔も、いろいろな面で変化をし、一時は演奏活動から遠のき、作曲も「フィナーレ」を使ったパソコンでの作品がほとんどになっていました。

しかし、今年の春に、合唱曲「船」をステージで演奏したころからピアノの練習を再開し、夏の終わりころからは相当に練習に熱を入れてレパートリーを意欲的に増やしています。

また、作曲や編曲も、実際にピアノで演奏しながらのものにもどり始めています。理由は、人間の演奏のよさを再認識したからのようです。「フィナーレ」は本来の楽譜制作に活用しながら、うまく生ピアノとパソコンの折り合いをつけるようになってきました。

現在は、初めての「ピアノソナタ」の作曲にも挑戦しています。

そのような伊東朔の姿を、「ミニコンサート」は、気楽に見ていたいただき、誰よりも本人が刺激をいただく場となっています。

きちんとしたコンサートのできる場所をお借りしての演奏も、近々行う予定ですので、是非ともご来場いただければ幸いです。

 

熊本地震チャリティーライブ 伊東朔オリジナルステージ好評

2017年4月16日に伊賀上野忍者ドライブインで行われた「熊本地震チャリティーライブ」(主催:NPO法人三重のこころ&インターネットテレビAATV東海)に伊東朔と妹3人が参加しました。

伊東朔のオリジナル作品を新しい伴奏付や調を変えるなどして、妹たちが交代で歌い、昼前の時間帯でしたが、足を止めていただいた方がたくさんいました。

またいっしょにチャリティーライブに参加していた他のグループの方と伊東朔が熱心に語り合う姿も見られ、「船」などの作品を高く評価していただきました。

前日から2日間にわたってたくさんの方が参加してくださったチャリティー募金は、すべて熊本地震に送られるとのことで、「船」を作るときから、東日本大震災、熊本地震、鳥取地震などを意識していた伊東朔にとっては、とてもよい機会だったと思います。

当日は、いくらか風があったものの、とてもよい天気で、会場付近や道筋の桜がとても美しく見えました。

募金をして下さった方々、お世話になったスタッフのみなさま、競演いただいた方々、どうもありがとうございました。

 

3月22日に社内イベントで演奏

3月22日の11時から2時間ほど、ある会社の昼食会に招待され、伊東朔のキーボードと伊東久美のサックスで、映画音楽、歌謡曲、唱歌、即興演奏などをしました。

みなさんの演奏する鍵盤ハーモニカや歌声といっしょに、唱歌の合唱奏もしました。

ご要望に合わせて、臨機応変に対応させていただきましたので、大変喜んでいただきました。

伊東朔作詞作曲「船」の初演 津少年少女合唱団 しらさぎホール

3月5日に津白山しらさぎホールで行われました津市民文化祭合唱部門に津少年少女合唱団が参加しました。

演奏曲目は薩摩忠作詞三善晃作曲の「雪の窓辺で」と伊東朔作詞作曲の「船」でした。

津少年少女合唱団の演奏より → 伊東朔作詞作曲「船」

人数の多い合唱団の続くなかで、たった8人の幼稚園から小学6年生までの合唱でしたが、とても静かに聴いてくださいました。

演奏後はとても大きな拍手をいただき、伊東朔は退場のときも拍手していただきました。

お聴きくださった方、ありがとうございます。

これからも、いろんな曲を制作し発表していきたいと思います。

楽曲制作もしております。器楽から歌、合唱、オーケストラまで、曲想や構成などのご注文を受けて作曲します。

よろしくお願いします。

伊東朔 野外ライブ in 四日市

四日市で野外ライブが行われているという場所に行って、オリジナル曲や歌謡曲の弾き歌いを行いました。

全国的に有名になったサックスの少女が演奏していました。特に、この日は、県外からのゲストも含めて数名でのコラボもやっていました。

そんなところの近くで、自作曲や歌謡曲の弾き歌いをやりましたので、音量的には圧倒的に負けていました。相手はPAを使って周囲を響かせていましたが、伊東朔は完全な生音でしたので仕方ありません。

それでも、何人かの方が足を止めて、聞いてくださいました。

1時間余りの演奏を、伊東朔は堂々とやっていましたが、いろんな面でたくさん学ぶことがある経験でした。

これからもこのような活動をして、根本的に音楽することと向き合わねばならないと考えています。

お聞きくださいました方々、本当にありがとうございました。

ページ上部へ