ホーム>編曲依頼した曲に歌詞をつける際のコツ|編曲の依頼はオフィス奏楽へ
コンテンツ

編曲依頼した曲に歌詞をつける際のコツ|編曲の依頼はオフィス奏楽へ

編曲依頼をしてできあがった曲に歌詞をつけようと考えている方のために、ここでは歌詞をつける際のコツをご紹介いたします。

テーマを決める

テーマを決める

どのようなテーマの歌にするのかをまず考えます。「愛」「友情」「喜び」「悲しみ」「感謝」「季節」「旅立ち」など、大きなくくりでも構いません。歌を聴いた時にそのテーマが感じられるような歌詞にすると、まとまった聴きやすい歌詞になるでしょう。

曲の構成を考えた歌詞作り

イントロ・サビ・Aメロ・Bメロと、曲の構成を考えつつ歌詞作りをすると、作りやすいです。サビで一番伝えたい言葉を
のせますが、サビを盛り上げるためにも、それまでの曲の展開を考えて歌詞を作っていくと良いでしょう。

言葉の響きを大切に

言葉の響きを大切に

歌詞を作る際は、一つ一つの「言葉の意味」も大切ですが、「言葉の響き」も大切です。メロディにのせた際に、きれいな響きになっているかを考えます。

言葉のボキャブラリーを増やす

同じ言葉ばかり使った歌詞は深みが感じられません。(ただ、わざと同じ言葉を繰り返すという手法はあります。)
言葉は多くあります。違った表現をするだけで、世界観も変わってきます。

連想して言葉を引き出す

歌詞にする言葉を考える際、連想ゲームのように言葉を出してみます。連想した言葉をつなぎ合わせていっても統一感の
ある歌詞になりますし、連想していくことで自分が持つ世界観に気づくかもしれません。

字数を合わせる

メロディに言葉をのせる際に問題なのは「字数」です。きれいな流れで歌が歌えるよう、考えなくてはいけません。
もし字数が合わない場合は、置き換えるための言葉を探します。そのためにも言葉のボキャブラリーを増やしておくことは大切です。

クラシック・伴奏譜など編曲の依頼なら

オフィス奏楽では様々な編曲依頼を承ります。ご要望に合わせた編曲を行い、依頼主様がご満足いただけるよう尽力します。吹奏楽器楽合奏のための曲、BGMなど、クラシックからポップな曲までご要望に合わせて様々な曲作りの依頼を承っております。お渡しする伴奏譜の詳細や曲のお見積りについては、お気軽にお問い合わせください。

クラシックコンサート・楽曲制作の【ルタンリッシュ コンセール】概要

サイト名 Letempsriche concert(ルタンリッシュ コンセール)
所在地 〒514-0824 三重県津市神戸203-12
電話番号 059-253-3642
メールアドレス sougaku@letempsriche-concert.com
URL http://www.letempsriche-concert.com
説明 クラシックコンサート・音楽制作(楽曲制作・編曲・楽譜制作)

コラム

ページ上部へ