ホーム>時代が求める楽曲アレンジ|楽曲アレンジの依頼はオフィス奏楽へ
コンテンツ

時代が求める楽曲アレンジ|楽曲アレンジの依頼はオフィス奏楽へ

オリジナルで作った楽曲をより多くの人に聴いてもらいたい。そのためには「アレンジ」で磨きをかける作業が大切です。現代で楽曲アレンジが果たす役割とはどのようなものなのでしょうか。

斬新な音楽はアレンジから生まれる

斬新な音楽はアレンジから生まれる

グローバル化が進んだ現代では、ポップスやクラシック、ジャズなど様々なジャンルの音楽を手軽に聴くことができます。その中で、どこかで聴いたようなメロディや過去作品のリメイクも目立つようになりました。

ある研究では、現代の音楽は単調なコードばかりが使用され、音程や音色も1960年代をピークにバリエーションが乏しくなっていると分析されています。音階の組み合わせは無限にあってもメロディとして成立する組み合わせは少なく、斬新な楽曲はもう出てこないのではないか...という説もささやかれました。

しかし、楽曲アレンジによって素晴らしい音楽が生み出されてきたことは確かです。楽曲の印象はアレンジの良し悪しで決まるといっても過言ではありません。10人いれば10通りの意見があるように、10人のアレンジャーがいれば10通りの音楽が生まれます。暮らしの中に音楽があふれる現代だからこそ、メロディに磨きをかける楽曲アレンジは、これからの時代に必要不可欠です。

メロディの印象はアレンジ次第

メロディの印象はアレンジ次第

作曲はある程度イメージしやすいものですが、楽曲アレンジといってもピンと来ない方は多いかもしれません。例えばフラワーアレンジメントでは、あらゆる種類の花の中から色々な花を組み合わせて、花束やプレゼントにしていきます。

楽曲アレンジも同様に、メロディを色々な楽器やコードで表現し、楽しさや激しさ、悲しさなどの曲調や雰囲気を作り上げていきます。どんなに良いメロディでも、それを上手く聴かせるアレンジがなければ人の心を動かすことはできません。

一見単調なメロディも、アレンジ次第で魔法にかかったように生まれ変わります。アレンジされた楽曲は、聴き手の想像力を掻き立てるものです。前奏や間奏などメイン以外の部分でも、様々なドラマを演出することができます。楽曲をアレンジすることで、音楽の世界観は大きく広がるのです。

クラシックなどの楽曲アレンジの依頼なら

オフィス奏楽ではお客様のご要望や目的に応じて、確かな実績を持つアレンジャーがクオリティー重視の楽曲アレンジを承ります。吹奏楽アンサンブル器楽など幅広い用途とジャンルに対応することが可能です。メロディは作ったものの表現力が足りない、思い描いていたテーマと違う、オリジナル曲を別のジャンルにアレンジしたい、このような場合はオフィス奏楽にご依頼ください。

クラシックコンサート・楽曲制作の【ルタンリッシュ コンセール】概要

サイト名 Letempsriche concert(ルタンリッシュ コンセール)
所在地 〒514-0824 三重県津市神戸203-12
電話番号 059-253-3642
メールアドレス sougaku@letempsriche-concert.com
URL http://www.letempsriche-concert.com
説明 クラシックコンサート・音楽制作(楽曲制作・編曲・楽譜制作)

コラム

ページ上部へ