ホーム>楽曲の完成度を大きく左右する「編曲」|編曲の依頼はオフィス奏楽へ
コンテンツ

楽曲の完成度を大きく左右する「編曲」|編曲の依頼はオフィス奏楽へ

曲を完成させるに当たっては、作曲のほか編曲が必要となります。編曲は作曲と同様、非常に大切な過程であり、編曲ひとつで曲の完成度が大きく変わります。吹奏楽器楽クラシックなどの音楽制作をお考えなら、今一度、編曲の重要性について考えてみませんか。

作曲と編曲の違いとは?

作曲と編曲の違いとは?

作曲とは曲の主旋律(歌メロなど)を作ることであり、編曲とは主旋律
以外の音を作ることです。

例えば、イントロや間奏のメロディを作ることは編曲の一種であり、一小節ごとにコードを後付けする作業や、主旋律にあったベースラインを決定する作業も編曲に当たります。

このことから、作曲という作業は曲の軸を作るのに対し、編曲はその軸に合わせて音を広げる作業といえます。

編曲で求められるもの

作曲者に音楽的センスが強く求められるのと同様、編曲者にも求められるべきものが多くあります。編曲者に求められるものはひとえに語りつくせませんが、音楽理論や各種楽器の知識、アレンジの技術、フレージングセンスが最低限必要といえます。同じ曲でも編曲によって曲ががらりと変わるので、どういった曲にしたいかというテーマに沿った編曲が求められるでしょう。

作曲・編曲は誰でもできる?

作曲・編曲は誰でもできる?

作曲・編曲に対して難しそうというイメージを持つかもしれませんが、これらの作業は実は誰にでもできるものです。

例えば、無意識のうちに頭の中にメロディが思い浮かび、鼻歌を歌うという行為は立派な作曲のひとつです。同様に、思い浮かんだメロディに色々とアレンジを加える作業は、編曲のひとつといえます。

このように作曲・編曲は誰でもできるものですが、きちんとした曲を作ろうとした場合、イメージ通りに仕上げることは容易ではありません。発表会のオリジナル楽曲など、大事な楽曲を制作する際は、プロに作曲・編曲依頼することをおすすめします。

オフィス奏楽では、作曲・編曲の依頼を承っております。編曲の際は、お客様のご要望に合わせることはもちろん、
プロの視点から主旋律を引き立たせる最高のサウンドを作り上げます。作曲・編曲のほか、伴奏譜の制作なども行っておりますので、ぜひご相談ください。作曲・編曲・伴奏譜の制作に関する疑問や、お見積りのご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

クラシックコンサート・楽曲制作の【ルタンリッシュ コンセール】概要

サイト名 Letempsriche concert(ルタンリッシュ コンセール)
所在地 〒514-0824 三重県津市神戸203-12
電話番号 059-253-3642
メールアドレス sougaku@letempsriche-concert.com
URL http://www.letempsriche-concert.com
説明 クラシックコンサート・音楽制作(楽曲制作・編曲・楽譜制作)

コラム

ページ上部へ