ホーム>Information>2015年12月

2015年12月

伊東朔オリジナル「音楽の玉手箱」シリーズCD発売直前!

年末も押し迫りました。この3か月ほどはほとんど楽曲制作について、もう一度最初から見直すということから、新曲の制作までに時間を費やしてきました。

この間に、伊東朔と伊東玲がそれぞれに作曲した曲目が、ある方のCDに採用されましたので、そのCDが発売されましたらご紹介します。

また、なかなか思うようにはいきませんが「ボカロ」(ヤマハ商標)などの作品も、かなり試作しております。

 

さらに、伊東朔の創作意欲と速さと、KORGの往年のシンセサイザーの名器である「pa1xpro」の機能を融合させて、いろんなジャンルやスタイルの音楽を450曲余り作るという計画をたてて、既にそれにとりかかっております。

今日か明日にもその第1弾として、8ビートや16ビートの、聴きやすい音楽集を2枚か3枚、発売できるところになりました。

そのシリーズの題名を「音楽の玉手箱」(Musical treasured box)としてシリーズ化し、だいたいで20枚から30枚ぐらいのCDになる予定です。

ロックから民族音楽まで、およそリズムのある音楽は、古今東西できるかぎりたくさん作曲してみようという企画です。

玉石混合、今までに作曲したものも、これから作曲するものも、どれがどのような方に喜んでいただけるのか、見当もつきません。

それで「玉手箱」というタイトルにすることにしました。今までのところ、耳に心地よい音楽ができております。

いずれは、ピアノやヴァイオリンだけではなく、シンセサイザーを操っての生演奏活動もできるようにと考えておりますので、できる限り多くの方々に、伊東朔のあふれ出る音楽の世界を聴いていただけたらと思っております。

録音の音質の向上も、この時期にあれこれと学んでおりますので、伊東朔の「音楽の玉手箱」シリーズをぜひともお聴きください。

 

 

 

ページ上部へ