ホーム>Information>2017年4月

2017年4月

記念曲の楽曲編集依頼を承りました~メロディや歌詞の持ち込み歓迎~

ルタンリッシュコンセールは、演奏活動と楽曲提供が本来の設立目的です。

その1つである楽曲提供は、久保田信先生の『世界の動物40門』のあとしばらくありませんでしたが、先週、楽曲の素材を整える仕事を承りました。

イメージがはっきりしていて、歌詞もできている方で、実際に歌える曲にするときに、楽譜は書けるものの思い通りにならないとのご相談でした。楽譜を見せていただき、音域がふつうの人には歌えないものであることと、音楽の持ち味が楽譜に書くときに拍子感と合わないものになっていることで、許可を得てかなり大胆に編曲してサンプルとしてまとめて音源を聞いていただきました。

編曲したサンプルの音源は、その方のイメージとは違うということで、新しく楽譜を作ったのでもう一度やってもらいたいと依頼されました。新しい楽譜は、サンプルの楽譜を参考にしていただいたので、音域も歌える範囲のものになり、拍子もかなり整えていただきました。

まだ少し思うように楽譜にならないとのことですので、それを整理しながら今度はもとのメロディと歌詞はそのままにしながら次のサンプルを作って聞いていただくことになっています。

最終的には生演奏の歌とピアノ伴奏でCD音源と歌の楽譜と伴奏つき楽譜、歌詞の清書をお作りすることになります。

このように実際にやりとりしながら、イメージの曲目を作るお手伝いをさせていただくことも、とてもやりがいのあることだと考えています。

もとの楽曲素材のでき方や最終的な目標によって編集の代金は異なりますが、およそ3万円から承っています。今回のような場合は、サンプルを2回作り、最終的には生演奏による音源CDなどをお作りしますので5万円ほどになります。DTMによるオーケストレーションのカラオケ伴奏まで作りますと、音源だけで7万円ほどからになり、実際に演奏できるオーケストレーションした楽譜まで作らせていただきますと、10円ほどになります。生の演奏によるオーケストレーションしたカラオケや音源を作るときは、演奏者の人数分だけ人件費がかかりますので、ご希望の編成に応じた金額になります。演奏者の人件費はおよそ一人3万円とお考えください。

この代金はあくまでも目安で、ご相談の上で決めさせていただきます。

歌を作りたいのだが、イメージははっきりしていても最終的に歌として楽譜にならないという方など、楽曲制作に関しましてなんでもご相談に乗りますので、ご関心のある方はぜひともご連絡ください。

現在の連絡先は、電話の事情で、059(253)3642になっております。このホームページの「0946」は不通になっていますので、あしからずご了解ください。

 

パソコン学習を取り入れた個別指導で新スタート 伊東教育研究所

昨年6月より今年の3月まで「三重ふるさと新聞」に教育改革について依頼されて記事を寄せていた伊東教育研究所です。

同じころに、子どもたちの学習支援を始め、アクティブラーニングを取り入れた放課後教室にも取り組んでいました。

その取り組みから、今の子どもたちに必要な学習や保護者の方々のご要望が、子ども一人ひとりの学力を効果的で持続的に伸ばすことであることを確信しました。

それで数年前より研究していたパソコンによる学習による個別学習を全面的に取り入れることにしました。

教育改革ではパソコンの導入が要点の1つになっていますし、近い将来はパソコンで授業や試験を受けることや、自分の考えなどを表現することになるのが確実視されますので、そのときになってあわてなくてもいいようにできることは何かを考えた結果です。

多くの子どもたちに活用していただけると幸いです。

詳しくは別のホームページでお知らせいたします。(関連ホームページはまだ更新されていません)

また、4月23日より学習相談や体験入講を受け付けます。最初は少人数から始めたいと考えますので、ご関心のある方は早めにお申込みください。

ページ上部へ